〜おしゃれな器を求めて〜作家と器とあなたと私と…

和食器通販専門店 遊技心 【公式ブログ】

豆知識

丹波立杭焼のおはなし その3

更新日:

丹波立杭焼のおはなし その2では、窯バージョンアップの話をしましたね。

今回は、丹波立杭焼の特徴と窯の関係性を紐解いてゆきます。

 

前回お伝えした通り、丹波の窯は「蛇窯」といって

他の産地の登り窯とは少々形状が異なります。

他の登り窯は焼成室ごとに仕切りがあって

倒炎式(火が下↓から壁に沿って上昇し↑天井にぶつかって下降↓して下の穴を抜けて次の焼成室に移っていく。)なのですが、

「蛇窯」は焼成室ごとの仕切りがなく、

直炎式(火が焚き口から火さきまで一直線に流れる。)なので、

1.最初は酸素が不十分な不完全燃焼で、低温で還元性のある炎。

2.炎を上まで到達させるために、途中で酸素を送り込むことで酸素が十分な完全燃焼になるため、高温で酸化性のある炎。

この2つの炎が入り交じって、中性炎になるのです。

 

中性炎で焼かれた焼き物は、他の登り窯にくらべて釉薬の発色が弱いので

白、黒、焼き締めなどの単純な色が主になります。

昔ながらの丹波立杭焼が渋い色合いばかりなのは、

この「蛇窯の構造」による色の制限があるからなのです。

 

ですが、作り手の創意工夫によって丹波立杭焼は

より魅力的な変化を遂げてゆくことになります。

その話は次回、伝統的な技法の確立編で!

 

遊技心スタッフ 杉江

「作家とお客様をつなぐおしゃれな和モダン食器の通販専門店 遊技心」

-豆知識

Copyright© 和食器通販専門店 遊技心 【公式ブログ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.